2010年04月07日

「総合学科」約20%の教員が否定的 現役高校教諭が調査(産経新聞)

 文部科学省が平成6年に、一部の高校で導入した普通学科と専門学科を合わせた「総合学科」について、総合学科を設置する高校の教員の20%近くが教育的効果について否定的であることがわかった。同学科の課題を独自調査した高校教師で京都大学大学院教育学研究科の小木充研究生が30日、発表した。

 昨年8月から約1年間、全国の総合学科高校計334校に聞き取りやアンケート調査を実施した。

 計559人の教員に対するアンケート調査では、約20%が同学科の教育的効果について「否定的」と回答。理由として「楽な選択科目を生徒がとる傾向がある」や「専門的な知識をもった教員が不足している」などが上がったという。

 さらに、うち16校への聞き取り調査で、進学校では受験に必要な科目を優先させたい保護者の要望から、選択科目数が少ないことが明らかに。8科目しかないケースもあり、小木研究生は「それだけの選択科目だと、普通学科と教育内容はほぼ変わらない」と指摘。文科省が総合学科導入に必要な選択科目数を決めていないことを挙げ「見直してほしい」としている。

【関連記事】
品質プロ並み、授業でワイン造り 長野県立高
大阪府立高無償化へ差額を府負担に 橋下知事
携帯メールで“出店案”授業 大阪の高校
国歌斉唱不起立で教諭4人を懲戒処分 大阪府教委
小学教科書検定 伝統文化尊重、ページ数増で「ゆとり」決別
あれから、15年 地下鉄サリン事件

2014年に読売新聞社が新社屋(読売新聞)
公明・神崎元代表が辞職表明(産経新聞)
<元妻刺殺>復縁断られ…元夫を殺人未遂容疑で逮捕 三重(毎日新聞)
理念なき改革…高校無償化、見切り発車 あおりを受けた校舎老朽化対策 (産経新聞)
自民「離党ドミノ」警戒、党融解も現実味?(読売新聞)
posted by ヒラマツ タカユキ at 17:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。