2010年04月21日

民主鹿児島県連、徳之島移設案の白紙撤回要請へ 普天間移設問題(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、民主党鹿児島県連(代表・川内博史衆院議員)は17日夜、鹿児島市内で臨時常任幹事会を開き、政府に対し、徳之島への移設案の白紙撤回を求める方針を確認した。来週にも首相官邸に申し入れる。

 常任幹事会には国会議員4人が出席し、約1時間協議。終了後の記者会見で川内氏は「地元に不安を与えていることは遺憾だ。政府から地元に説明がなく疑問を感じる」と述べた。打越明司衆院議員も「地元の強い感情は看過できない」と話した。

 打越氏によると、16日に国会内で面会した平野博文官房長官は「(徳之島案について)県連から正式に政府の考え方を求められれば隠すことはしない」と話したという。

【関連記事】
迷走普天間どこへ 現地ルポ
政府が苦肉の策 辺野古浅瀬案を米側に提案へ
普天間5月決着を断念…首相引責に予防線 米、柔軟姿勢も
普天間問題 分散移設には欠陥がある
あまりに軽い…普天間をめぐる鳩山発言の変遷
外国人地方参政権問題に一石

鳩山首相、責任転嫁?混迷普天間「メディアが動きすぎ」(産経新聞)
東京都練馬区の弁当店に強盗 60万円奪われる 警視庁行方追う(産経新聞)
14日も暴風、高波に警戒を=北海道と東北−気象庁(時事通信)
医師養成数目標の見直しで合意−民主党第二分科会(医療介護CBニュース)
噴火で足止めの旅客、JAL機で成田到着(読売新聞)
posted by ヒラマツ タカユキ at 10:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。