2010年06月10日

リニア中央新幹線 迂回ルートにこだわらず 長野県知事(毎日新聞)

 長野県の村井仁知事は4日、リニア中央新幹線(東京−大阪)の県内ルート選定について、「交通政策審議会で議論し、専門的な立場で見解が得られれば、関係者への理解も進む」と話し、南アルプスを北に迂回(うかい)するルートにこだわらない姿勢を示した。国土交通省内で同日開かれた同審議会中央新幹線小委員会に出席した後、記者団に語った。

【ニュースがわかる】遠くない?リニア新幹線が走る日/1 2025年開業予定

 県は80年代以前から迂回ルートを一貫して主張。県内の自治体の首長らが参加するリニア中央新幹線建設促進県協議会(会長・村井知事)でも、迂回ルートによる建設推進を決議してきた。

 一方、JR東海が07年12月に全額自己負担で事業化を目指すと発表。建設費や所要時間を減らすため、南アルプスをトンネルで貫く直線ルートで、途中駅は県内1駅にとどめる方針を示したことから、各自治体の思惑が変化。JR側の意向が優先されると判断した県内自治体の中には、地元への駅誘致を実現するため、直線ルートを求める声が高まっていた。

 県協議会は今年5月に初めて、迂回ルートに加え、直線ルートでの整備を望む両論併記の決議文を全会一致で決議。ルートにこだわらなくなった理由について、村井知事は記者団に「かつては迂回ルートが、実現する可能性が最も高かった。今はいろんな意見が出てきたため、両論併記に近くなった」と明かし、県内のさまざまな意見を審議会に伝えることができたと成果を強調した。【寺田剛】

【関連ニュース】
<こんな昔からやってます>昭和54年12月12日、リニアが時速500キロ突破
<リニア、こんな動きも>クローズアップ2010:新幹線・リニア、米に売り込み 官民一体で積極策
<新幹線は>東海道新幹線:神奈川県内に新駅設置へ リニア開業後
リニア中央新幹線:山梨県、交通政策審で直線ルート要求へ 県内迂回案厳しく /長野

<中国大使>丹羽氏起用で調整 伊藤忠商事相談役(毎日新聞)
民主新執行部、今夕に記者会見(時事通信)
元警察官の元神戸市議、有罪確定へ(産経新聞)
あの鋭い舌鋒どこに…新首相会見、物言い慎重(読売新聞)
訪問看護ステーション、微減の5731件(医療介護CBニュース)
posted by ヒラマツ タカユキ at 22:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。